スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼あなたは既に最終決戦に参加している▼

あなたは既に最終決戦に参加している。

なぜならば、いま、この時代、この国に生まれ、この文章を読んでいるのが何よりの証拠である。

「そんなつもりはない」とは言わせない。

あなたは確かに、「そのように決意して」生まれてきたのだから。

今はまだ思い出せないかもしれない。

しかし、人類の、地球の、宇宙の、大転換期に生れ落ちてきたということ自体、

あなたが最終決戦の「志願兵」であることを雄弁に物語っている。



「光と闇の最終決戦」

勝つのはどちらか。

実は、この戦いに「勝ち負け」はない。

今回は「光と闇の融合」がテーマだ。

「闇を排除した文明」は進化の袋小路に迷い込んでいる。



「悪を抱き参らせ」、「光と闇を融合」し、全てを「統合」するのが我々の使命である。



しかし、それは容易なことではない。

容易なことではないが、やらなければならない。


なぜなら、それこそが我々の「使命」だから。


目の前の「闇」や「悪」を、「一時的に排除」して来たのが、人類の歴史でもある。

やっつけても、やっつけても、むしろ、やっつければやっつけるほど「悪」が出てくる仕組み。




実は、「勧善懲悪」のやり方では、いつまで経っても「戦い」は終わらない。


「悪」と見え、「闇」と見えるのも、実は、「自らが蒔いた種」。

そして今は「刈り入れの時」。

何を刈り入れるかは、人それぞれ。


苦しくても辛くても、痛みを伴っても、それは「魂の最終決算」の過程にすぎない。

誰にも文句を言わず、誰のせいにもせず、ただ黙って受け取る。


プラス・マイナス・ゼロ。

プラスが大きい人は、マイナスも大きい。逆もまた然り。

だから、プラスの大きい人を羨んではいけない。


日々、何事もなく平穏に過ぎる毎日こそが、最高の幸福。


しかし、いま、この文章を読んでいるあなたは、子供ではない。親である。


親というのは、子供より早く、子供に先がけて「目覚める」必要がある。



日本 と 世界 = 親 と 子



こたびの「最終決戦」は、逆説的だが「あらそいの心」を捨てた方が勝つ。

押し寄せる敵の大軍に、「草薙の剣」を持って対峙する。


それは、「ガンジーの非暴力主義」に通じるものがあるかも知れない。


「最終決戦」というからには、「戦い」ではあるが、

憎しみや凶暴さを前面に出して相手を潰すようなものではなく、

あくまでも毅然として、凛として、真コトを貫く。


どんなに打ちのめされても挫けない。

どんなに怖くても退かない。

絶望的な局面になろうとも、決して心を折らない。



「やった、やられた」「目には目を」

この戦いの連鎖に終止符を打てるのは、どこまでも真っ直ぐで、強い心。



光と闇の最終決戦は、我々の心の中で起こっている。


「霊戦」である。


一人ひとりが、一歩も退かぬ決意で、前に前に進んでいく。


相手の挑発にのって手を出せば、相手の思うツボ。

「やられたから、やり返す」というのでは、わざわざ「闇の勢力」にエネルギーを供給するようなものである。

決して、相手と同じレベルに落ちてはならない。



こちらは、どこまでも光を輝かせ、波動を上げていく。

心を澄み切らせ、研ぎ澄まし、油断せず、相手に「つけこむスキ」を与えない。

そうなると、もはや相手もお手上げである。



「光で闇を包みこむ」

「光の浴びせ倒し」



さて、これだけのことを実行出来るかどうかと自問してみる。

・・・全く自信がない。我ながら情けないほどである。



しかし、長い転生を繰り返してきたのは、「この時」のため。


自信があろうとなかろうと、やるしかない。

自分の代わりはいないのだ。



「人類のアンカーとして、見事、使命を果たしてみせる」

・・・まずは、そう決意すること。


(2010.12.18掲載分、再掲)


ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキグへ
←クリックして戻ってください
スポンサーサイト

「誠の神がかり」とは、「本心100%」

「心」は「嘘」や「欲心」によって曇ります。

「心」は「感謝」によって清まり、澄み切ります。

「心」が澄み切っていると、「本心」が素直に出てきます。


「本心」が素直に出てくるのは、「心」に嘘がない時。


そして、ヒトの「本心」とは、「神」そのもの。

  
  本 心  = 本 神


「誠の神がかり」とは、「本心100%」。


「本心100%」でないということは、心に「嘘」があるということです。

「嘘」が「本心(本神)」を封印しているということです。

心に「嘘」があれば「本心100%」にはなりません。

「本心」は、心の中の「最も強い思い」とは一致しないことがあります。

「最も強い思い」とは、「最も強い欲望」とも言えます。

「最も強い欲望」で動く時、「欲心100%」になっています。

ヒトではなく、ケモノになっています。


「これが本心かどうか」は、自分自身しか分かりません。

他人は騙せても、自分の嘘は自分が一番よく知っています。



「本心に嘘をつく」ということは、「神を封印する」ということです。


「本心100%」になっている時は、神そのもの。


自分の中の「神」が素直に出てきます。

「本心に素直になる」とは、「神に素直になる」ということです。


「誠の神がかり」とは、何も特別な能力を発揮したり奇跡を起すことではないのです。

「曇りなき心」で、「本心100%」で生きる時、その人は「誠の神がかり」となります。


(2008.3.7掲載分 再掲)



ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキグへ
←クリックして戻ってください

汝の本質は神であるぞ

この方は、天国しか作っておらんのぞ。

そなたらが、そなたら自身の心にて、この世を地獄と化していることに気がつかぬか。

他人と競う必要がどこにある。
天恵は無限であるぞ。
無限に生きとし生けるものすべてが、何不自由なく暮らしていけるよう仕組みたのが、この地球ぞ。

無限に循環する仕組みぞ。

無限なる天恵を、なぜに有限と決め付けるのか。
誰が有限だと決めたのか。

天の恵みが無限ならば、そなたらは誰一人として、暮らしに困る者など、ありはせんのが真実ぞ。

分け合い、満たしあい、嬉し嬉しの連鎖が出くれば、そなたらは無限に、何不自由なく、この地球で暮らせるのぞ。

金を神とし、神を自らの外に作り出し、人を集めて外の神を拝むとは、マコト、神の子のすることではないぞ。

汝等の内に神があるのぞ。魂の底におわすのぞ。

汝等が生まれてこのかた、一瞬たりとも神と離れたことなどないのぞ。

神と人とは一体であるからぞ。分離不能なのじゃ。

心の中を見つめてみよ。

静かに見つめてみよ。

欲心の泡が消えさった後、深く静かに満ち足りた心の湖に、
その底の底におわすのが、真の神ぞ。

激しく騒がずとも、一心不乱に祈らずとも、強く求めずとも、そなたは神と通じておる。

一人一人が心静かに己の内面と向き合えば、そもそも宗教など必要ないのぞ。

誰が宗教を作れと言ったのか。
誰が自分以外を崇めよと言ったのか。
誰が戒律を作れと言ったのか。

いい加減に目を覚ましなされ。

そなた自身が、神ぞ。
そなたがそなたの神であり、そなたの神は他人の神でもあるのぞ。

すべての者が、内なる神を通じて、一つに連なっておる。

誰が分離したのか。
誰が孤立させたのか。
誰がそのように教えたのか。

真の神の真実を知らない愚か者の虚言に惑わされ、欲心ばかり肥大させおって、それでは神と申せぬぞ。

そなたは神の子であるぞ。
真の神の子であるぞ。
真の神の真の力を表す時が来るぞ。

目覚めよ。我が子よ。わが後継ぎよ。

汝の目覚めが宇宙に響くのぞ。
汝の目覚めが、宇宙の目覚めを促すのぞ。

汝の気づきが、その第一歩じゃ。

汝の心の底の底から湧いてくる、やむに止まれぬ思いを見つめよ。

それが汝の本心ぞ。本心が本神が本真ぞ。

くれぐれも、上っ面でブクブクと泡ふく欲心を、汝の本心と勘違いすなよ。

今の世は、汝の欲心を泡立てるものが溢れておる。
泡はブクブク膨らんで、やがて消え去るのがさだめ。
泡に踊らされるなよ。泡踊りとなって最後は消え去るぞ。

外に何かを求めても、それは限りがないぞ。
外には、汝が求めれば求めるほど、いくらでも、汝が欲するものが現れてくるぞ。キリがないぞ。

真理を求め、神を求めれば求めるほど、あらたな真理が、新たな神が現れてくるぞ。

神の言の葉を欲しがれば欲しがるほど、いくらでも、あちこちから神の言の葉が現れてくるぞ。

これもキリがないぞ。

もう、よいではないか。

外に求めずとも、汝の内にあることに気づけよ。

汝の本心を、よくよく見つめてみよ。
心の泡が消え去るまで、よく見つめてみよ。

汝の本質は愛であるぞ、光であるぞ。

汝は愛の響きを鳴り成り響かせたいのが本心ではないのか。

汝は光の響きを鳴り成り響かせたいのが本心ではないのか。

汝の魂の底の底には、愛と光しかないのぞ。

それ以外は嘘じゃ。偽りであるぞ。虚ろであるぞ。

心の曇りが映し出されておるだけぞ。

喜べ喜べ。楽しめ楽しめ。

苦も楽も裏表ぞ。

苦も楽も、その本質は喜びぞ。

他人を憎しみたいのが、汝の本心か。
他人と争うのが汝の本心か。
他人と奪い合うのが汝の本心か。
他人と競い合うのが汝の本心か。
他人と比べたいのが汝の本心か。

優越感、自尊心、劣等感、嫉妬、妬み、嫉み、怒り、焦り
泡ばかり多いのう。ブクブクと騒がしいばかりぞ。

汝の本心は、今も昔も、いつ何時も、シンと鎮まりかえっておるぞ。

デンと構えて、おおらかであるぞ。朗らかであるぞ。

本心の響きは喜びのみぞ。

汝の本心に立ち返れよ。


原点に返れよ。

原点は原子の点であるぞ、元始の天であるぞ。

原点は源点であるぞ、源天であるぞ。


汝の本質は神であるぞ。愛であるぞ。光であるぞ。

それが真(まこと)ぞ。

(2010.12.7掲載分。再掲)


ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキングへ
←クリックして戻ってください

▼国之常立大神様より神示 H23.9.10(オマケ付き)

1773121398_37s.jpg

神と人の繋がり言うはの,神世と人世それぞれの結びし縁もたらせしものじゃでの,そなた達人民様に神申したき事あらば,その者を守護する神に頼みての,縁結びて言葉伝うほかなきにて,声届き易き者言うは,神の声きちんと聴き分け,ハラに収め,それ行に結びし事出来る者にしての,守護する神,ハタラキし易く,神,人ともに嬉し嬉しになりてじゃの,人の世にカタチとして表れるのであるよ。神世の繋がり使うて,人民様に声届けたき想い,神の側にあってもじゃの,聴く耳持たずでは,それ届く道理にござらんじゃろうが,神,人民様に望みたき事言うはじゃの,まずは聴く耳お持ち下され言う事じゃでの,神の声しかり届いたらそれ行に結びて下され幾度も幾度もお頼み申しておるところでの,行に結びし時に,身欲現れ出て来たならば,すみやかにお捨て下され申しておる。身欲いつまでも持ち続けておるとじゃの残念起きるぞ言うもかねてより申し伝えてあろがな。身欲持ち行かず,神の声直ちに行に結びし者には御蔭やる言うも申してあろがな。御蔭言うは金の事,神言うてないぞ。金望みし人民様,神求めてはおらんのぞ。ゆめゆめ取り違えいたすなよ。神の申す御蔭言うはの,自分も嬉し,人も嬉しになるような心の豊かさ言うかの,安らぎ言うかの,そのような心の持ち様与える言う事じゃて。いかがかの,かような宝ほかにあるかの。金で心の豊かさ,安らぎ,真(まこと)に得られるかの。金に追われて心貧しくなり,いつも心安んじる事無くあくせくしてあるが,今の人民様の姿でござろうが。神世に金など無き事,そなた達にも分かるでござろうが,神世に無きもの人世に在る言うはおかしき事ぞ。どうかそこにお気づき下されよ。社にて祈りし時,金くれ言われてもじゃの,元より神世に無きもの授けられる道理有るはずもなし言うもお知り下されよ。神頼み申したぞ。

国之常立大神


・・・この言葉は私のマイミクさんに降りたものです。

ふとした時に言葉が浮かんできて、それを紙に書き留めるそうです。

本人は「筆書き」と称しています。(写真は実際に紙に書かれたものです)


以下、オマケ
(おいどんの「ばかかしらん?」的世界より)

ホントは身欲捨てるやらいうんもいらんのよ。気づいた「今この瞬間」から「想い」即「行動」ば不退転でし始めたら,身欲が壁になるよって,至極当たり前に捨てる事になるんよ。身欲捨てるいうんば目標やら目的やらにする必要ないいうことなんよ。シンプル・イズ・べストで「想い」即「行動」だけすればいいんよ。よかど〜。

mixiページ(フォローすると過去記事の閲覧やコメントが入れられます) 
おいどんの「ばかかしらん?」的世界 → http://p.mixi.jp/bakakashiran
全人類が今この瞬間「ばかかしらん?」的生き方したら、いっぺんに世界変わるはずなんよ。こげん事大真面目に考えちょるおいどんってやっぱしばかなんかしらん?(笑)



ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキングへ
←クリックして戻ってください

▼素戔嗚尊様より神示 H23.9.6

1771832942_126s.jpg


人民様おのれを省みる言うはの,言うは易し行うは難しでござろうが,本気の本気で省みる言うならじゃの,それ死ぬ気でやってみてござれ神申しておる。どうすれば省みる事になるか言うとじゃな,人民様知らず知らずのうちに囚われてしまっておる身欲をじゃよ,白日の下(もと)にさらけ出さねばならん,それ辛き事であるよ。何が身欲であるか言うは一人ひとり違うのじゃが,その者の最も弱き部分言うかの怖れ抱きし部分言うかの,自分がそこを見ておらん事さえも当の自分が隠してしもうとるいわば盲点とでも申すべき部分での,一筋縄ではいかんところでもあるのじゃよ。その者の身欲の核なす事柄言うはの,当人ですら気づかぬフリするぐらいじゃて,まして周りの者には知る術もなくてじゃの,人の手を借りる言うはならん事知り置き召されよ。このフミ取らせとる者,おのが心の闇にまで光当ててじゃの,自らの身欲の核暴き出し真剣に向かい合って身欲鎮めたが由,こうして神の御用させとる訳でもあるのじゃよ。身魂の掃除申すは,おのが身欲見つめて消す事じゃでの,此の時節まだ終わっとらん者は人の事はさておき自身の身魂掃除直ぐにやりて下されくれぐれもお頼み申すぞ。

素戔嗚


・・・この言葉は私のマイミクさんに降りたものです。

ふとした時に言葉が浮かんできて、それを紙に書き留めるそうです。

本人は「筆書き」と称しています。(写真は実際に紙に書かれたものです)



ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキングへ
←クリックして戻ってください

mixiページ おいどんの「ばかかしらん?」的世界

身魂掃除のプロセスいうん,おおむねこげん感じなんよ。この辺の具体的なノウハウいうん,神示だけやったらわからんよって,このタイミングで,mixiページいうんが始まって,おいどんに書かせちょるんかしらん?筆ペンで書いた後も,いきなりキーボード打つんも,おいどんには,あんまし変わらんのばってんね(笑)。
<以上、mixiページより転載>

このブログで何度か「▼~より神示」を紹介しましたが、その「筆書き」を降ろされている本人で、私のマイミクの「おいどん」さんが、mixiページを作りました。
(mixiページは、mixiでのつぶやきが、mixi以外でも閲覧できるというものです)

語り口調はくだけた感じですが、実際の「おいどん」さんは、こんな言葉ではしゃべりません。
理知的で哲学者の風貌さえ漂わせた、熱いハートの持ち主です。

身魂掃除のプロセスなどについて、自身の実体験をもとに分かりやすい言葉でつぶやいています。
皆さんの参考になると思いますので、紹介させていただきます。

<以下、時系列的に並べ替えたものを転載>
物心ついて以来,(主人)「考え」→(しもべ)「想い」になってしもうちょるよって,「考え」主人の座ば守るために幾重にも幾重にも防御壁ば作っちょるんよ。「想い」主人に戻すん,不退転の決意で勇気もってせないけんのよ。「考え」いうんは,おおむね自我よって,いわば自分そのものなんよ。自分ば殺すいう事なんよ。

これ読んじょる人,「今この瞬間」何か「想い」来ちょらんかしらん?「想い」来たら,何ばさて置いてもそれば即,せないけんのよ。おいどんの面白か(笑)mixiページ読み終えてからやら思うたら,もう逃すんよ。「想い」ば逃すいう事は,それだけ神界・仏界の仕事ば遅らすいう意味でもあるんよ。一人ひとりの事なんよ。

想い」即「行動」ばして「流れ」に乗ちょったら,面白かね〜ってなるんよ。それはそうなんよ。今まで自分が逃げて来た事ばあえてするよって,おおむね,生まれて初めての体験が待っちょるんやもんね。面白くなかはずないんよ。「考え」いうん,大脳新皮質の働きよって,実に精巧なメカニズム持っちょるんよ。

「考え」=大脳新皮質,道具としては最高なんばいね〜。「想い」即「行動」で「流れ」に乗って面白かね〜になって,「考え」がそれにはまったらしめたもんなんよ。これまで「想い」が湧いても,受取れんぐらい,ぎゃぁぎゃぁ言うちょったんが,「想い」が言うちょる事ば聴いてみてもよかかしらん?ぐらいに妥協するばいね。
「考え」が「想い」ば聴き始めたら,これまで漠然としちょった神界・仏界からの声いうんが,クリアに届き始めるんよ。どっちも自分よって,わけわからん思うちょった「想い」と「考え」の違いいうんがハッキリしてきて,そうばいね,コツが掴める言うたらよかかしらん?そげん風な感じになって来るんよ。よかばいね〜。

いっぺん,「想い」ば掴むコツわかったら,実は気づかんやっただけで,どんどん「想い」来ちょったし,来ちょるいうんがわかって,それば即「実行」して,加速度的に自分の中の変化が進んで来るんよ。「想い」即「行動」に自信持てるごとなって,その自信が,金剛力(パラ)ば生み出すんばいね。そうなんよ,不退転なんよ。

<以上、転載終わり>

これ以外にも、もっと沢山の有意義な「つぶやき」があるんですが、詳しく見るにはmixiへのログインが必要です。是非、mixiから「フォロー」してくださいね(^^)b

mixiページ 
おいどんの「ばかかしらん?」的世界 → http://p.mixi.jp/bakakashiran
全人類が今この瞬間「ばかかしらん?」的生き方したら、いっぺんに世界変わるはずなんよ。こげん事大真面目に考えちょるおいどんってやっぱしばかなんかしらん?(笑)


▼9/9追記

モジュッド(スーフィーの物語/MOJUD-OSHOの講話)
http://plaza.rakuten.co.jp/vijay/19000

モジュッド(ストーリー+絵)
http://www.kt.rim.or.jp/~oshobook/moj1.html
▼以上、追記終わり

ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキングへ
←クリックして戻ってください

喜びのおすそ分け

喜びを誰かと共有したいと思うのは人の本性。
たとえば子供が面白いテレビ番組を見ていると、家族に「見て、見て!」と呼び掛けるように。
こういう事は、わざわざ教えなくても、みんな自然に出来ている。

不愉快や不機嫌の「お裾分け」は、本人スッキリ、ハタ迷惑(笑)。
どうせなら愉快や上機嫌の「お裾分け」をした方が、自分も人も「嬉し楽し」(^^)v

喜びのお裾分けは、他人と喜びを分かち合うということ。
共有することで喜びが倍増する。なんて素敵な仕組みなんだろう。

どうせなら「喜びの波動」で響き合いたいよね。神の本質は「喜び」なんだから。

(以上、ジンガのツイッターより抜粋)


喜びのおすそ分けをしませんか?

喜びのおすそ分けで、多くの人々が「喜びの響き」になればいいなと思います。

喜びの和が大きく広がっていけば、それだけで日本の未来は明るくなるでしょう。

ただし、個人的な喜びごとを他人に言いふらすと自慢話に聞こえてしまい、
逆効果になることがあるので注意が必要ですけどね(笑)

だから、誰もが喜べるようなニュースを共有できればと思います。
(どのニュースで喜ぶかは人それぞれですが)

いまの時節、日々の暮らしの中で、喜んでばかりもいられないのは、百も承知です。

辛く、苦しく、悲しいことが多いのも事実。

不平不満、愚痴、批判、恨みつらみ、怒り、裁き・・・その他いろいろ。

そういった感情を「顔」にのっけたまま歩くのは、「不機嫌や不愉快のバラ撒き」です。

顔に出さずとも、心のなかでネガティブな感情をドロドログルグルこね回すのも、同じです。

いつも悪感情がお腹の中でグルグル回っていて、行く先々で「悪感情」をゲロのように吐きまくるような、
そんな「悪感情の生コン車」になってはいけません(笑)。



悪想念の放射能を撒き散らすのは、どうかご遠慮ください。

それは、道端にゲロを撒き散らすのと同じようなものです。

不愉快や不機嫌の「お裾分け」は、本人スッキリ、ハタ迷惑なんです(笑)。

他人が吐いたゲロを食べさせられるのが嫌なように、

他人が「書いた」ゲロを読まされるのも、嫌~なもんなんです。


だから、日々吐き出す言葉や顔や態度には、清々しく涼やかな風が寄り添うように、

ブログやツイッターには、力強く美しき言霊をつづるように、心がけたいと思います。


でも、いまの時節、「喜びの響き」で生きるには、決意と意志が必要になります。

だから「喜愛(キアイ)」が必要なんです。

ということで、まぁ、いろいろあるだろうけど、それでも・・・


「喜愛(キアイ)」入れていきまっしょい!!


ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキングへ
←クリックして戻ってください

ネガティブなニュースはサラリと流す

ネガティブなニュースが増えて来ているし、これからも増えるだろうけど、決して感情的に過剰反応しないこと。サラリと流すように意識すること。そんなもん、いちいち心で握り締めてちゃダメだ。

ネガティブなニュースは「そうめん流し」のようにサラリと流す。目の前を通りすぎたら、それで終わり。後を追いかけて箸を出したりしない。見て見ないフリをするのではなく、承知はしているけど、それにいつまでも囚われない。

ポジティブなニュースもサラリと流す。気持ちよいからといって、それにいつまでも浸らない。

行雲流水…大空を行く雲のように、流れる水のように、決してとどまることなく…そんな意識で様々なニュースに接する。

ネガティブに執着せず、ポジティブに浸らない

(以上、ジンガのツイッターより抜粋)


毎日、これでもかというぐらい、ネガティブなニュースが流されています。
しかし、善悪のバランスの観点からすれば、ネガティブな出来事と同じぐらい、ポジティブな出来事も起きているはずなんです。

確かに、ポジティブなニュースも流されていますが、情報量としては圧倒的にネガティブなものが多いのが現実です。

それがどうしてネガティブなニュースばかりが流されているのか・・・

それは、「情報を流す側」(メディア)が情報を操作しているから。
もっと言えば、「情報を流す側」が、「流したい情報」を選んで流しているということです。
ここで、「闇の権力の残党勢力が・・・」とか言い出すとキリがないので、やめておきますね(笑)。


突然ですが、ソーメン流しをイメージしてください。

私達は、流れてくるソーメンを「食べる側」です。つまり情報の受け手です。
「ソーメンを流す側」(メディア)は、上流からソーメンを流します。毎日流します。
説明の便宜上、ポジティブなニュースを「白いソーメン」、ネガティブなニュースを「黒いソーメン」とします。
世の中で起きている出来事は、情報としてメディアが収集し、その中から、メディアが流したいソーメンを選び、流します。

「なんだか最近、暗いニュースが多いよなぁ」と思うのは、実は当然といえば当然なのです。
だって、メディアが「黒いソーメン」ばかりを選んで流していますから(笑)

「黒いソーメン」を食べた人は、なんだか暗~い気分になったり、悲しくなったり、不快感を覚えたり、
嫌な気持ちになったり、怒ったり、裁いたり、責めたりします。

「黒いソーメンを食べる」というのは、このように「感情的に反応する」ことを意味します。

毎日のように「黒いソーメン」を食べ続けていると、どんな精神状態になるか・・・
だいたい、想像がつくと思います。じつは、それが彼等の狙いなんですが(彼等って誰?)

人によっては、わざわざ他人に言いふらしたり、ブログやツイッターで情報発信します。

それって・・・いったい、何をバラ撒いているんでしょうか。

自分が食べた「黒いソーメン」を、まだ食べてない他人にも「食べさせる」というのは・・・



そこで皆さんに提案したいのが、「黒いソーメンをサラリと流す」ということです。

「食べないで流す」というのは、「感情的に反応しないで、サラリと流す」ということです。
目の前を「黒いソーメン」が流れているのを「認識」はするけれど、「過度に感情移入しない」ということです。
ソーメン流しのように、目の前を流れて行った後を追いかけて箸を出さないということです。

「ああ、そんなことがあったのか」で、終わり。
多少の感情は動くでしょうが、それで終わりにするということです。

いつまでも囚われて、牛のように反芻(はんすう)しないということです。

一度食べた「黒いソーメン」を、何度も思い出して噛み締め、味わうというのは精神衛生上、よくありません。

ましてや、それを他人にも食べさせて共有するなんて、あなた、いったい何やってんですか?(笑)


「これ食べてみて。むちゃくちゃマズくて、ムカつくから」とか言われて、食べる気になりますか?

「黒いソーメン」に、さらに他人の「唾液」が混ざったものを「食べて」と言われてもねぇ。
ちょっと勘弁して欲しいです(笑)



「黒いソーメン」は、ネットの上に漂っています。

過去に流された「黒いソーメン」も含めると、膨大な量の「黒いソーメン」が、誰かに「食べられる」のを待って(?)います。

「黒いソーメン」を食べるというのは、別の表現をすれば「波動を下げる」ということです。
だから、できれば他人にも「食べさせる」ようなことはしないで欲しいのです。


「黒いソーメン」が流れてきたら、サラリと流すこと。
そのような情報に触れても、過度に感情移入したり深追いしないこと。

「黒いソーメン」を食べさせられそうになったら、やんわりと話題を変えるか、
「悪いけど、その話に興味ないから」と言ってキッパリ断るなどして巻き込まれないようにすること。

これが大事なことだと思うんです。


ブログやツイッターの情報発信で、何を流すか。


あなた、黒いソーメンを流していませんか?

黒いソーメンを、ありがたく食べてませんか?

私は、白いソーメンを流したいと思います。



ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキングへ
←クリックして戻ってください

▼国之常立大神様より神示 H23.8.31

1769267001_241s.jpg


災害,災害,人民様申されるがの,そなた達痛いところあれば治そうとせんかの,かゆいところあれば掻いてかゆみとろうとせんかの。地球様も同じ思わぬか。地球様,人民様の事思うてじっと我慢してござるのじゃが,時に耐えきれぬ事もありての,それ地震え,山火噴き,風吹き荒れ,雨洗い流す,かようなハタラキとなり,カタチに出るのじゃ。そなた達,成すべきは身魂掃除第一にての,災害恐れて我を忘れる事ならんのぞ。救う者,何処で何をしておっても救う申し伝えてあろがな。それ神の契(ちぎ)りし事にて,心安んじて委ねて下されよ。一人ひとりに届く声直ちに行に結び,勇んでおのがハタラキ成して下されよ。神の声届きにくければ,社(やしろ)にて祈り,心神に委ねて下されよ。出来た者より御陰(おかげ)とらすぞ。嬉し嬉しであるよ。

国之常立大神




・・・この言葉は私のマイミクさんに降りたものです。

ふとした時に言葉が浮かんできて、それを紙に書き留めるそうです。

本人は「筆書き」と称しています。(写真は実際に紙に書かれたものです)



ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキングへ
←クリックして戻ってください

▼国之常立大神様より神示 H23.8.30(音声あり)

1769004927_215s.jpg

言葉申すはの,言の葉言う元の意に神の想い込められておってじゃの,言(こと)は事でもありての,絶えず生じておる神世と人世の繋がり言うか,神世によりもたらされる人世での出来事言うか,そういう物事を指す思うて下さればよい事。葉言うはの緑に色づく樹々の葉とくとご覧下され。いかに目に映るかの,一枚一枚みな形異なっておるでござろうが。一枚一枚のハタラキが樹々としての命支えておるでござろうが。これ型示しなればの,言葉申すもの,神世と人世の繋がりや人世での出来事,人民様一人ひとりの響きにての表れ方違って来るでの,ゆめゆめ音(おん)や文字にてとらえる事なき様(よう)神申し伝えておくぞ。その者の持つ響きあっての言の葉での,皆の言の葉合わさって響き合い,神世と人世の動き言うがある事にて,よくご承知下されよ。神頼んだぞ。

国之常立大神




「天津祝詞」と「高野山真言宗檀家勤行」をマイミクさんが奏上した音声→ こちら


・・・この言葉は私のマイミクさんに降りたものです。

ふとした時に言葉が浮かんできて、それを紙に書き留めるそうです。

本人は「筆書き」と称しています。(写真は実際に紙に書かれたものです)



ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキングへ
←クリックして戻ってください

ブログの紹介
真の日本とは何か。それは武士道でも仏教でも儒教でもなく、そして神道でもない。 それらを遥かに超える大昔、太古の神話の時代の日本。 「日の元」「火の元」「日の元つ国」「神気出ずる国」 「世界の雛型」「世界の親」・・・それが本来の日本。一人でも多くの日本人が真コトの「神響き(カムヒビキ)」を鳴り成らせることで、最後には日本人の意識が「100匹目の猿現象」でガラリと変わり、「真の日本」が現れる。 日本が変われば世界が変わる。 日本が変わらなければ世界も変わらない。 ユダヤの民は「立て替え」の御役。スメラの民は「立て直し」の御役。ユダヤの民は、これまでキッチリと御役を果たしてきた。これからが本当の日本の出番となる。
最近の記事
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
つぶやき
ランキング
このブログに一票を入れようと思ったら、ココをクリックして下さい
ブログランキング
このブログに一票を入れようと思ったらクリックしてください

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
プロフィール

JINGA

Author:JINGA
カバラ誕生数1、姓名数3(または4)
九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。