スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光と闇のバランス

これから先、まだまだ色んな出来事があります。

しかし、メディアは相変わらずネガティブなニュースを多く取り上げて紹介しています。

どうか、ネガティブなニュースに、あまり深入りしないでください。

ネガティブな情報に深入りするというのは、例えば新聞の三面記事ばかり毎日読むようなものです。

週刊誌のゴシップ記事ばかり読むようなものです。

そんなことをしていたら、どんな精神状態になりますか?

考えただけで恐ろしいと思います。


「その情報に触れて、心の中に光が増すか、それとも闇が広がるか」


そのような基準で、いろんな情報に接していただきたいと思います。

そして、既にどっぷりと「闇が広がる」情報に接しているのですから、バランスを取るためにも、

「光が増す」ような情報に触れるように心がけて欲しいと思います。

「ネガティブなニュースはサラリと流す」というのは、このような意味合いもあるのです。

「見て見ないフリ」をするのではなく、「必要以上に見ない」ということです。


過去記事「ネガティブなニュースはサラリと流す」は、こちら


ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキグへ
←クリックして戻ってください

スポンサーサイト

他人の不幸に心を痛める感覚

東日本大震災のあと、しばらくしてテレビで特番が放送されたことがありました。

「貴重な未公開映像をお見せします」みたいな触れ込みで始まった放送を何気なく見ていて、ハッと気がつきました。

「これは、わざわざ見るべきものではない」と。

そして、私はすぐさまチャンネルを変えました。

被災者の方々は、もうあんな恐ろしく悲しい記憶が蘇るような映像は見たくないと思います。

しかし、被災者ではない人々にとって「未公開映像」というのは「見てみたい」という欲求に駆られるものです。

それは何を意味するのか。

「他人の不幸を面白がる(覗いてみたくなる)ココロ」があるということです。

恐らく、こうした側面は誰にでもあると思いますが、やはりこれは恐ろしいことです。

台風、水害、火災、列車衝突、事件、事故、地震・・・

およそ、人々に悲しみをもたらすような出来事というのは、部外者にとっては、
実は「おいしいニュースのネタ」になるということです。

それがエスカレートすると、「もっと凄い映像はないか」と探し回ることになります。

台風で壊滅的な被害を受けた農家の様子を見て「なんだ、この程度か」と思ってしまう自分。

町を覆いつくす津波の映像を何度も観てしまう自分。

そういう自分に気付いたとき、私は空恐ろしくなりました。

「ああ、自分は、もっと凄い映像を見たがっている」と。



最近ではタイの水害がニュースによく出ます。

日本の本州に相当する面積が水害を受けるという、そこに暮らす人々にとっては悲惨な出来事ではありますが、
遠く離れた日本に住む私達は、やはり他人事として見てしまいます。

そして、町全体が冠水し、腰まで水に浸かりながら歩く映像を、どこか「面白がって」「興味深く」見てはいないでしょうか。

何度も繰り返し放送されるうちに、感覚が麻痺してしまうのか、「ああ、これは昨日観た映像だ。他の映像はないのか」と思ってしまうことって・・・ありませんか?

過度の感情移入をする必要はありませんが、過度に「観る」のもどうかと思います。

結局のところ、「もっとすごい映像を見たい」という、恐ろしい欲求が私達の心の底にある限り、

ノンフィクションの映画はますます過激になり、フィクションもますます過激な映像を追い求めることになります。

しかしそれは、私達の心にある、「歪んだ欲求」を満たすだけのもの。

世界の出来事を、事実は事実として認識する必要はありますが、そこに「映像的な凄さ」は必要ないはずです。

そして、そのような情報に数多く触れるうちに、本当に、肉体的な痛覚をもって「他人の不幸に心を痛める」という感覚が麻痺してしまう。

恐ろしいことです。


「心が痛む」という時、本来なら誰しも、本当に胸がしめつけられるような感覚になるものです。

しかし、感覚が麻痺してしまうと、胸がしめつけられて痛みを感じるどころか、胸が躍るような感覚にさえなってしまいます。

誰しも「怖いもの見たさ」というものはあります。

しかしそれは、あまり深入りすべきものではないと思います。

いまでは、各メディアで流される情報は「怖いもの」「凄いもの」ばかりです。

「もっと、もっと」と求める欲求が視聴者の心理にあり、それで視聴率が稼げるならテレビ局はどんな映像でも流します。放送倫理に触れない程度で。

テレビに限らず、新聞、ネット、ブログ、ツイッター、facebook・・・

ありとあらゆる情報媒体を使い、「ネガティブなニュースの再生産」や「ばら撒き」をセッセとしていませんか?


だから私は、そうした情報には意識的に「距離を置く」ことをおすすめします。

「もっと凄い、生々しい、悲惨な映像を見たい」という、自分の中の「歪んだ欲求」にハッと気付いたら、その場で意識を切り替えてください。

その出来事の陰で、悲しみや苦痛を感じている人々がいるという事実に思いを馳せてください。


人として、もう一度、あの感覚を取り戻す必要があります。

純粋に、他人の不幸に対して「心を痛める」という、人が本来持っている感覚を。

そのような感覚は、教えられなくても自然と身についているものですが、長く社会生活を営むうちに、次第に麻痺してくるものでもあります。

孔子はこれを「惻隠の情」と表現しています。

「メグリの清算なんだから当然だ」というのは理屈ですが、それ以前に「ああ、かわいそう・・・」と感じる心があるはずです。

人が痛みを感じる時、「真ん中」の神も同じ痛みを感じ、味わっているのです。

他人の不幸を見て何も感じないようでは、もはやヒトとはいえません。
しかし、だからと言って同情心から安易に手を出すのは注意が必要です。

かえってメグリの清算を長引かせてしまう場合があるからです。

このあたりの見極めは難しいところではありますが…


慙愧慟哭、血の涙を流しながら我が子にメグリを渡す神の心情は、いかばかりか・・・

見ているのが辛いからと、楽な道ばかり歩ませるのが真の親ではありません。

必要であれば、心では泣きつつ、我が子に茨の道を歩ませるのが、真の親というものです。

手を出さず、同じ痛みを耐えながら、じっと我が子がメグリの清算を済ますのを待っているのです。



ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキグへ
←クリックして戻ってください

日の丸を背負う者

「日の丸を背負う」のは、何もオリンピック選手に限らない。

実は、あなたも私も「日の丸を背負う者」なのだ。

どういうことかというと・・・

まず、以下の文章に目を通して頂きたい。


「火水伝文」p265

今今は心曇りて居るが由、ご自身自ら、アタマでご自身の体をバラバラに分け
縛り付けて居られるから、体の各部は益々酷き有り様と鳴りて居るのぞ。

日本が世界のヒナ型申すは、汝等も世界のヒナ型申すを言うのであるぞ。

真釣り役の胴体がふ抜けて居りては、ご自身のお体が真釣れぬ同様、世界が真釣れぬも無理無かろうが。

この方がヒノモトの人民様に厳しく申すは、この事在りて有るが由ぞ。

汝等ヒノモトの民申すものは、地球世界を真釣り背負わねば鳴らぬ、スメラの御
ミタマにござるのぞ。

汝等の申す、人知に汚れた、への突っ張りにもならぬ話をして居るので無いぞ。

数ある民魂の真中の御役、[[最も辛きご苦労の、地の日月の神と統べ真釣る導き御役の響きにておわすのぞ]]。

辛きご苦労のお身魂であるが由、枝葉とタテワケ、一段も二段も上の響きのご苦労に堪えれる様、【元つキ】の直の御チ筋を引かせあるのぞ。

中身のご苦労もなさらいで、カタチばかりで取り違え、日本は偉い偉いなぞ申し参りても、ハラにマコトの一厘も無きが者の成さり様は、犬、猫にも恥ずかしい限りであるぞよ。

自らの真中のマコトが解からぬから、カタチばかりの言の葉で、体裁を作りて我が一番、我が一番等と威張り合うて参りたから枝葉の身魂にも劣る、悪き身魂に落ちてしもうたのじゃ。

 [[マコトを立て持つご苦労を、堪えて厭わぬおハタラキが、出くる身魂を]]上段の霊魂、申すのぞ。

少しは恥を知りて下されよ。

それだけの霊魂授かり、地の日月の神と鳴り成さる御チ筋にありながら、今のザマは何たる事ぞ。

[[ハラが枝葉のやり方真似てどうするのじゃ]]。

未だにハラにマコトの無き者は、アタマの毒に侵され居るから、自ら選んで成りた訳でもないに迷惑じゃ等、申す者も居られ様が何度も申し伝えある様に、そが者どもは、この方一人も要らんから、お邪魔せぬ様下がって見て居れ申し居ろうがな。

************************************

人はみな、生まれてくる国や地域や両親などを決めてから生まれてくるとされるが、希望者全員が「日本」に生まれてくることが出来るかというと、そうではない。

今の時節、人類史上最大のクライマックスを迎えるにあたり、「日本」に生まれてくるとは、どういうことか。

言い換えれば、「世界の親」として、「ヒノモトの民」として生まれてくるとは、どういうことか。



それは、肉体を持って地球にダイブした時点で、つまり、「ヒノモトの民」として生まれてきた時点で、既に「日の丸」を背負っているということである。

「日の丸を背負う」ことの意味を理解し、それでも「日の丸を背負う」ことを希望し、それが「身魂改め」によって認められたのである。


だから全員が「日の丸飛行隊」であり、「神風特別行動隊」であるともいえる。


あなたも私も、「日の丸を背負う者」なのだ。


(2008.6.11掲載分、再掲)




ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキグへ
←クリックして戻ってください

あなたが弥勒菩薩になるとき

今度 此処へ神が引寄せた者は、みなキリストぢゃ。釈迦ぢゃぞと申してあらう。磨けば今迄の教祖にもなれるミタマばかりぞ。それだけに罪深いぞ。岩戸あけて、めぐり果たせたいのぢゃ。このこと肚によく判るであらうが。 
(ひふみ神示 第二十四巻 黄金の巻 第三十三帖)


<以下、引用>
アセンデッド・マスターと呼ばれる方々は、
違う言い方をすれば、キリストになった人、
仏陀になった人、ということになります。

つまり、「キリスト」や「仏陀」という
称号を獲得した人ということになります。

そもそも、イエス・キリストさんとして知られている人は、
キリスト“サナンダ”意識という太陽神人を
代表してやって来た人ということですから、
キリスト“サナンダ”意識からの派遣者であります、
イエスさん、ということになります。
(中略)
もしくは、「弥勒の世」にアセンションを果たした
ということが云われたとき、それは、私たちが、
“弥勒菩薩さんや観音さんと一体になった人”と、
宇宙で呼ばれるようになることです。

<引用終わり>

<引用元>
キリストはイエスの名前ではない http://mihoh.seesaa.net/article/119846673.html

『日月神示』に書かれてある内容と、『シリウス文明がやってくる(Kagari ∞ Kazuki のブログ)』の内容が一致しています。とても興味深いですね(^^)

今回、縁あって「引き寄せられた人」は、やはり、それだけの責任が伴います。

しかし、それぞれの使命を全うした暁(あかつき)には、
一人ひとりが「ミロクさん」とか「観音さん」という称号を獲得するようになるのではないかと、私は考えています。

0824-17.jpg

「弥勒菩薩?観音さん?いや、自分なんか、とてもとても・・・」という謙虚さは、この際、捨てて下さい。

永きにわたる転生を通じて、磨きに磨き、鍛えに鍛えられてきたのは、まさに「この時」の為。
必要以上の「謙虚」は、自己を不当に過小評価することであり、それは自分の「真ん中」に対して失礼というもの。

何より、私達の「真ん中」が、あるいは背後で支えてくださる数多くの存在が、ご先祖様が、どんな思いで、日々、私達を導いてくださっているか・・・考えてみてください。

この大峠を超える転換期のステージに私達を立たせるに至るまでの、陰のご苦労は、並大抵のことではないはずです。
その多大なご恩に報いるためにも、私達は自分自身を粗末に扱ってはならないし、卑下する必要もないのです。

いま、ここで決意し、堂々と宣言してください。

「私は自らの使命を全うし、弥勒菩薩(または観音)という称号を得る」と!!

声を出してもいいですし、心の中で大音量で宣言しても構いません。

え?「そんな、だいそれたことは恥ずかしくて言えない」って?
それはつまり、「自分は使命を全うすることはできない」という「敗北宣言」ですか?
それはつまり、「自分の使命を放棄する」ということですか?

よくよく考えて下さい。

「願い」ではなく、「決意」こそが、自分を高みに引き上げる原動力になります。
「願い」ではダメです。いくら強く願っても、それはいつまで経っても「願い」のままです。

「決意」です。「決意」こそが大事なのです。
「決意」することで、自分の中で何かが動き始めます。周囲(背後)のサポートも動き始めます。

イメージしてください。

あなたは今、サッカーの日本代表としてワールドカップのピッチに立っており、既に試合開始のホイッスルは鳴っています。あなたは途中出場でゲームに参加したのです。

あなたの周囲のプレイヤー達は、誰しも日本代表という重責を担いながらも、しかしそれを誇りに感じて自らのチカラとし、使命を全うすべく、ピッチの中を縦横無尽に走り回っています。

大観衆が見守る中、あなた個人のサポーターも数多く応援に駆けつけ、あなたの活躍に期待しています。
彼等彼女等は、「日の丸のユニフォーム」を着てピッチに立っているあなたの晴れ姿を、どれほど喜び、誇りに思っているでしょう。
そして人によっては涙を流し、手を合わせて拝むほどの真剣さで見守っています。


「頼むぞ・・・!!」と。


ボンヤリしているのは、あなた(私)だけです。
自分の使命を、役割を、理解していないのは、あなた(私)だけです。

あなたは、あなたの家系の代表として、地域の代表として、地球の雛型を担うヒノモトの民として、いまの時節、この地球に生まれてきています。

いや、自らの意思と決意により、身魂改めを経て「生まれさせてもらった」という方が正確かも知れません。

そんなあなたが、いまさら「いや、自分なんか・・・」などと言うのが、どういうことか。

もうゲームは始まっています。

後半戦も終わりに近づき、もうそろそろロスタイムに入ろうかという頃合でしょうか。

もはや降りる訳には行きません。やるしかないのです。

決して自分一人で重責を担っている訳ではありません。

力の差はあれど、それぞれが背負える程度の重荷を背負っています。

そのことを決して忘れないでください。



ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキグへ
←クリックして戻ってください

▼『火水伝文』復刻のお知らせ(再)▼

どうも自宅のパソコンが限界のようです。画面がすぐに固まってしまい、思うように動きません。色々試してみましたが回復困難のようです。
そういう訳ですので、いつも携帯電話から、ちまちまとツイッターに投稿しております。

実は本日、「火水伝文」の入手方法について、拍手コメントよりお問い合わせを頂きましたが、携帯電話の操作では返事が書けない(携帯ではコピペが不能)ため、入手方法を説明した記事を再掲載して、お問い合わせへの返事とさせて頂きます。


ところで皆さん、自分の闇と向き合ってます?

外は今、色んな意味で、まさに「総決算」の真っ最中です。

「他人の闇」が次から次に表に現れて、光を浴びてます。

それらを見て、いちいち感情的に反応して「ケシカラン」と裁くのではなく、「ああ、あの人は今、清算の最中なんだ」という視点で見ることをお薦めします。
間違っても、世間一般の人と一緒に石を投げるようなマネはなさらないように。

あなたが誰かになげた石は、後であなたに返って来ますから。


以下、過去記事


「火水伝文」が復刻することになりました。

実は、久しぶりにパソコンを開いて、ふとメールチェックをしたら、

「火水伝文」の関係者の方よりメールが届いていました(8/10付)。

なんというタイミング!!(@@; 

私も正直、驚いています。

という訳で、当ブログにて再三再四、紹介させていただいておりました、

「火水伝文」の復刻についてお知らせいたします。

これまでにも入手方法をご希望の方には、私(ジンガ)を経由する形で連絡先をお知らせしてきましたが、

今後、「火水伝文」の入手をご希望の方は、以下の連絡先に直接連絡してください。


<以下、メール本文より抜粋>


火水伝文復刻準備事務局より

火水伝文がこの地に降ろされて早19年が過ぎ20年目に入りました。

『日月は経綸の計画書じゃ。火水は経綸のワケじゃ』と云われ

また『日月を浴びて、火水を歩め』と、

火水伝文は行いの書といわれ続けてきました。

火水伝文をベースとし行いに顕そうという方々に

我空氏は何時の時も直接、それも無償で接し、

様々なモノ・コトを渡し続けてきました。

しかし、多くの方々は我空氏の周りにいる方々の云っている事や

行動等や、自分の囚われの価値観で、

我空氏を自分勝手に解釈・理解・誤解をして、独自の道を

歩まれていく方々が殆どでした。

(日月・火水を基本元理としていれば、そうはならないのかな?と勝手に個人的には感じます。)

しかし、そんな中でも、その時その処に応じ、

ずっと変わらず『こ(九)の道』を歩み、今の今も伝え続けておられます。

たった独りになっても、いつも変わらずに!

そこで本題ですが、この度、我空氏に、

『火水伝文』の復刻のご許可を頂きました。

(実は一年ほど前からご許可は頂いていたのですが・・・)

しかし、この時期に本当に必要なモノなのか?

私達にとって、読み物ではなく、行動の書足りえるのか?等々

震災後、人々の意識が変わったのは事実です。

最近になって『火水伝文』の問合わせが増えてきているのも事実です。

そんな中で、『火水伝文』を希望する方々が100名を越えたら、復刻(印刷)をする事に致しました。

是非皆様の心からの行いで、『火水伝文』を復刻し、『日月神示』『火水伝文』を元理とし、

この地に行いを以って歩む方々の一助になれましたら幸に存じます。


『火水伝文』申込み先

火水伝文復刻準備事務局
鈴木宛てに、氏名・住所・TEL・希望冊数・その他をメールにてお願い申し上げます
メールアドレス himitsu@mannaka.org 

平成23年8月吉日
火水伝文復刻準備事務局

<抜粋終わり>

「火水伝文(ヒミツツタエフミ)」冒頭部分

ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)
(2011.8.11掲載分 再掲)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキングへ
←クリックして戻ってください
ブログの紹介
真の日本とは何か。それは武士道でも仏教でも儒教でもなく、そして神道でもない。 それらを遥かに超える大昔、太古の神話の時代の日本。 「日の元」「火の元」「日の元つ国」「神気出ずる国」 「世界の雛型」「世界の親」・・・それが本来の日本。一人でも多くの日本人が真コトの「神響き(カムヒビキ)」を鳴り成らせることで、最後には日本人の意識が「100匹目の猿現象」でガラリと変わり、「真の日本」が現れる。 日本が変われば世界が変わる。 日本が変わらなければ世界も変わらない。 ユダヤの民は「立て替え」の御役。スメラの民は「立て直し」の御役。ユダヤの民は、これまでキッチリと御役を果たしてきた。これからが本当の日本の出番となる。
最近の記事
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
つぶやき
ランキング
このブログに一票を入れようと思ったら、ココをクリックして下さい
ブログランキング
このブログに一票を入れようと思ったらクリックしてください

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
プロフィール

JINGA

Author:JINGA
カバラ誕生数1、姓名数3(または4)
九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。