スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日月神示』最大の取り違い ~肉食について~

「そなたの食べ物とは霊の食べ物のことでござるぞ。そなたの身魂の態度のことでござるのぞ。肉の身から見れば心の持ち方、考え方、生き方のことでござるぞ。四つ足とは戦いの心、二つに分ける魔釣りの心ぞ。五穀草物とは自らに素直に生きるこの方の心ぞ。四つ足の獣は戦い、共食いでござろうが。植物は満たし合いでござろうが。この方はそなたらの外に見せて居るのでござるのぞ。形の菜食主義は魔釣りでござるぞ。肉食避ける心がござれば、善悪がござるぞ。食べ物をよく噛むと申すのは、その生き方を続けてそなたのものにする(クセにする、マスターする)ことでござるぞ。知識を行動して智慧にすることでござるのぞ。イロハで噛むと申すのは、元のはじめのこの方の生き方をすると申すことぞ。祝詞をあげると申すのは、分かったことを行動することでござるのぞ。何でもかんでも形で考えるのが、四つ足を食べて居る証でござるぞ。この方の神示はそんなに簡単に解けるものではござらんぞ。実践してはじめて解けるものぞ。アタマの『分かつ知』のチシキでは取りちがえるぞ。神の仕組みはそなたを生かせしハタラキなり。チシキではござらんぞ」

「真のヒトになるための生き方」(下)p55 長谷章宏 たま出版
**************************

これを読まれて驚いた方が沢山いるのではないかと思います。
そうです。この肉食の部分こそが、恐らく「日月神示」に関する最大の取り違いだと思います。

「すべては一つ・・・ならば、避けるべきものはない」
単純な道理です。

肉体を整えて、それにより波動を上げようとする心・・・
それこそが、形を先に追いかける「体主霊従」の心です。
「霊主体従」が本来の姿です。

「霊主体従」とは、まず霊を整えて、しかる後、それが体に現れるということです。霊を置き去りにして、まず体(形)から入るのは、逆の手順となり、魔釣りのやり方です。

もっと言えば、【霊主心従体属】です。

『口受けて心動くのぞ、心動きて行成るのぞ。【霊主心従体属】であるぞ。【口・心・行】のタテワケも出来て無くれば、口の御座に火の座されるマコト、マコトの神真釣る、マコト一如のハタラキも、成すは適わぬ事になるぞ。』(「火水伝文」p81)

「タテワケ」とは、上と下のタテを分けるという意味で、上下の位置を正しく区別するという意味です。

跳び箱の最上段と、その下の段のような感じです。この上下を間違うと跳び箱が崩れるように、上下のタテワケをしっかりするという事です。



「神界の乱れはイロからじゃ」という日月神示の言葉は、このタテワケが出来ずに乱れているという意味でもあります。
真釣りを知らない「中つ神々」が、タテワケが出来ていなくて、イロハの順番が違っているという意味です。

文字通りに読めば「イロ=色=色情」と読んでしまいますが、実はこういう意味なのです。




ちなみに私(ジンガ)の場合、単に経済的な理由から、肉を食べる機会が少ないだけですが、たまに焼肉を沢山食べると、お腹を壊したりします。何事もホドホドが良いかと。

言ってみれば、植物や鉱物にも「霊」は宿っているのであり、全ての全てに「素粒子レベル」で神が宿っている・・・というか、宇宙誕生以来、気の遠くなるぐらいの長い時間、その性質を失わずに来たのは、「素粒子」ですよね。それって・・・やっぱ「神」そのものではないかと。

植物も切り取れば「命のハタラキ」を失い、単に「植物の霊の抜け殻」になります。動物もまた、然り。





読む者の身魂相応に、八通りに読める」と言われるのが日月神示です。

【文字通り】に読むのも一つ。【文字の裏を読む】のも一つかと。

つまり、どちらも「解釈」としては成り立つ訳です。
理屈を無理矢理こじつけるのではなく。

これから先は言葉遊びになるかも知れませんが、「肉食とは何か」を考える時、植物と動物、魚、鳥、昆虫、昆虫の幼虫etc・・・どれをもって「肉食」とするか、です。

文字通りに読めば、四本足の哺乳類が「肉食」の対象になります。

しかし、植物にも「ココロ」のようなハタラキがあることは、最近の研究成果でも明らかにされています。

もっと言えば、岩も石も、水も植物も、全てのものに「生命」が宿っているともいえます。

さて、そうなると、どこからが「肉食」になるのか・・・




実はここに、「体主霊従」と「霊主体従」の違いがあります。


「まず、肉食をやめて体を健康にしよう」というところから入るのが、「体主霊従」
(「肉を食べたい!」けど、本に書いてあったから我慢しよう)

これは、肉に対して、欲も執着も「ある」状態。



逆に、「なんとなく、肉食をする気がなくなった」ということで結果として肉食をしなくなるということがあります。この場合は、「霊主体従」と言えます。

これは、肉に対して、欲も執着も「ない」状態。


air_rank.gif


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←クリックして戻ってください

人気ブログランキングへ


精神世界サイトランキング




スポンサーサイト

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

ブログの紹介
真の日本とは何か。それは武士道でも仏教でも儒教でもなく、そして神道でもない。 それらを遥かに超える大昔、太古の神話の時代の日本。 「日の元」「火の元」「日の元つ国」「神気出ずる国」 「世界の雛型」「世界の親」・・・それが本来の日本。一人でも多くの日本人が真コトの「神響き(カムヒビキ)」を鳴り成らせることで、最後には日本人の意識が「100匹目の猿現象」でガラリと変わり、「真の日本」が現れる。 日本が変われば世界が変わる。 日本が変わらなければ世界も変わらない。 ユダヤの民は「立て替え」の御役。スメラの民は「立て直し」の御役。ユダヤの民は、これまでキッチリと御役を果たしてきた。これからが本当の日本の出番となる。
最近の記事
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
つぶやき
ランキング
このブログに一票を入れようと思ったら、ココをクリックして下さい
ブログランキング
このブログに一票を入れようと思ったらクリックしてください

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
プロフィール

JINGA

Author:JINGA
カバラ誕生数1、姓名数3(または4)
九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。