スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本魂(やまとだましい)とは

日本魂(やまとだましい)と申すものは天地の先祖の神の精神と合一(あわ)した心で在るぞよ。至仁至愛(ぜん)の大精神にして、何事にも心を配り行届(ゆきとど)き、凶事に逢うとも、大山(おおやま)の如く微躯(びく)とも致さず、物質欲を断ちて精神は最も安静な心であるぞよ。

 天を相手とし凡人と争はず、天地万有山野海川(てんちばんゆうやまぬのうみかわ)を我(われ)の所有となし、春夏秋冬(はるなつあきふゆ)も昼も夜も暗(やみ)も雨も風も雷も霜も雪も皆我が言霊(ことたま)の自由に為し得る魂であるぞよ。

 如何なる災禍(わざわい)に逢ふも艱苦(かんく)を甞(なめ)るも意に介せず、幸運に向ふも油断せず、生死一如(いちにょ)にして昼夜の往来する如く、世事一切を惟神(かんながら)の大道(おおみち)に任かせ、好みも無く憎(うら)みも為さず、義を重んじて心裏常に安静なる魂が日本魂であるぞよ。

 常に心中長閑(しんちゅうのどか)にして、川水(かわみず)の流るる如く、末に至る程深くなりつつ自然に四海(しかい)に達し、我意(わがい)を起(おこ)さず、才智を頼らず、天の時に応じて神意に随(したが)って天下公共の為に活動し、万難を撓(たゆ)まず屈(くっ)せず、無事にして善を行ふを日本魂と申すぞよ。

(中略)

 誠の日本魂(やまとだましい)のある人民は其意志(そのこころ)平素(つね)に内(うち)にのみ向(むか)ひ、自己(おのれ)の独り知る所を慎み、自己の力量才覚を人に知られん事を求めず、天地神明の道に従ひ交はり、神の代表となりて善言美辞(ぜんげんびし)を用ひ、光風霽月(こうふうさいげつ)の如き人格を具へて自然に世に光輝を放つ身魂であるぞよ。

 心神常に空虚にして一点の私心無ければ、常永(とこしえ)に胸中に神国あり、何事も優れ勝りたる行動を好み、善者を喜びて友となし、劣り汚れたるを憐れみ且つ恵む、富貴を欲せず羨まず、貧賤を厭わず侮らず、只々天下の為に至善を尽くすのみに焦心す、是の至心至情は日本魂の発動であるぞよ。

 天下修斎の大神業に参加するとも、決して慌てず騒がず、身魂常に洋々として大海の如く、天の空しうして鳥の飛ぶに任すが如く、海の広くして魚の踊るに従うが如き不動の神を常に養う、是れが神政成就の神業に奉仕する身魂の行動でなければならぬのであるぞよ。

 凡人の見て善事と為す事にても神の法に照らして悪しき事は是れを為さず、凡人の見て悪と為す事にても神の誠の道に照らして善き事は勇みて之を遂行すべし。天意に従い大業を為さんとするものは、一疋(ぴき)の虫と雖も妄りに之を傷害せず、至仁至愛にして万有を保護し、世の乱に乗じて望を興さぬ至粋至純の精神を保つ、是れが誠の日本魂であるぞよ。

 今度の二度目の天之岩戸開きの御用に立つ身魂は、是れ丈けの身魂の覚悟が無ければ到底終わりまで勤めると云う事は出来んから、毎度筆先で日本魂を磨いて下されと申して知らしてあるぞよ。

『伊都能売神諭』(大正八年二月二十一日 旧正月二十一日)より、一部抜粋


ここで紹介したのは、ほんの一部です。いちいち語句の説明はしません。

原典特有の雰囲気を感じ取って頂ければ幸いです。

原典はこちら(ふりがな付)→ 『伊都能売神諭』(大正八年二月二十一日 旧正月二十一日)

伊都能売神諭(いづのめしんゆ)とは、大本開祖・出口直の昇天(大正7年11月6日)後に、国祖の神が出口王仁三郎の手を通して降した神示のことです。開祖昇天後は王仁三郎が「厳」「瑞」合した「伊都能売」の御魂として活動すると神諭に示されていたため、『伊都能売神諭』と呼ばれます。機関誌『神霊界』第76号(大正7年12月22日発行)の「大本教祖号」から、第97号(大正8年11月1日発行)にかけて掲載・発表されました。(【オニド】王仁三郎ドット・ジェイピーより)

日本から世界へ、光を送ろう!
Start.jpg

人気ブログランキングへ ←クリックして戻って下さい

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ   air_rank.gif

スポンサーサイト
ブログの紹介
真の日本とは何か。それは武士道でも仏教でも儒教でもなく、そして神道でもない。 それらを遥かに超える大昔、太古の神話の時代の日本。 「日の元」「火の元」「日の元つ国」「神気出ずる国」 「世界の雛型」「世界の親」・・・それが本来の日本。一人でも多くの日本人が真コトの「神響き(カムヒビキ)」を鳴り成らせることで、最後には日本人の意識が「100匹目の猿現象」でガラリと変わり、「真の日本」が現れる。 日本が変われば世界が変わる。 日本が変わらなければ世界も変わらない。 ユダヤの民は「立て替え」の御役。スメラの民は「立て直し」の御役。ユダヤの民は、これまでキッチリと御役を果たしてきた。これからが本当の日本の出番となる。
最近の記事
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
つぶやき
ランキング
このブログに一票を入れようと思ったら、ココをクリックして下さい
ブログランキング
このブログに一票を入れようと思ったらクリックしてください

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
プロフィール

JINGA

Author:JINGA
カバラ誕生数1、姓名数3(または4)
九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。