スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡る世間は「渡し合い」

人と人とが出会う時、何かを交換しています。

苦を交換するか、楽を交換するか、憎しみを交換するか、愛を交換するか・・・
何を交換するかは、人それぞれ。

互いに手の内の見えないカードを出し合うゲームとも言えます。
先に何を出すかで、相手の出すものも変わって来ます。

人と人との出会いは、実は様々なものの「渡し合い」でもあります。
人と人との出会いは「鏡」の「渡し合い・見せ合い」でもあります。
相手の姿の中にこそ、自分の中の隠れた姿が投影されます。

あなたは相手に何を見ますか?
それが何であろうと、どんなに否定しようと、
あなた自身もまた、気付くと気付かないとにかかわらず、
少なからず、その「何か」を持っている事を忘れないで下さい。

「渡し合い」は「私・会い」です。つまり自分自身との出会いです。

先に愛を渡しても、憎しみが返って来ることがあるかも知れません。
そんな時は「憎しみを渡されても、なお愛を出し続けられるか」という「お試し」なのかも知れません。

自分に足りないものを相手が「渡し」てくれ、
相手に足りないものを自分が「渡す」。
まことに、人と人との出会いは「渡し合い」です。

でも、人と出会う時、「何を渡そうか、何か渡すものがあるだろうか」と心配する必要はありません。

神は完璧なタイミングで「渡し合い」の場に導いてくれます。
「今度、誰かに合ったら、これを渡そう」と身構えていても、なかなか思い通りに行かない事が多いものです。

何も持たなくてもいいのです。手ぶらで歩いて下さい。

あなたのちょっとした一言や、何気ない仕草など、
あなたが全身から発するものを見て、何かを感じる人があるかも知れません。

そんな時は、何かを求めている人の前に、あなたが知らず知らずのうちに引き寄せられているのです。
何も考えずに、ただ歩いているだけで、あなたに必要な出会いがあります。

いくら渡しても無くならないもの、それが愛です。
渡せば渡すほど愛の響きが木霊のように周囲に響いて行きます。
愛は調和を生み、調和はまた愛を生みます。

その時の「渡し合い」は「渡し・愛」となります。

さて、あなたは何を「渡し」ますか?

日本から世界へ、光を送ろう!
Start.jpg

人気ブログランキングへ ←クリックして戻って下さい

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ   air_rank.gif
スポンサーサイト
ブログの紹介
真の日本とは何か。それは武士道でも仏教でも儒教でもなく、そして神道でもない。 それらを遥かに超える大昔、太古の神話の時代の日本。 「日の元」「火の元」「日の元つ国」「神気出ずる国」 「世界の雛型」「世界の親」・・・それが本来の日本。一人でも多くの日本人が真コトの「神響き(カムヒビキ)」を鳴り成らせることで、最後には日本人の意識が「100匹目の猿現象」でガラリと変わり、「真の日本」が現れる。 日本が変われば世界が変わる。 日本が変わらなければ世界も変わらない。 ユダヤの民は「立て替え」の御役。スメラの民は「立て直し」の御役。ユダヤの民は、これまでキッチリと御役を果たしてきた。これからが本当の日本の出番となる。
最近の記事
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
つぶやき
ランキング
このブログに一票を入れようと思ったら、ココをクリックして下さい
ブログランキング
このブログに一票を入れようと思ったらクリックしてください

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
プロフィール

JINGA

Author:JINGA
カバラ誕生数1、姓名数3(または4)
九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。