スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが道をゆく志士

ペリー来航以来、「明治維新」の動きが始まる訳だが、同時に多くの「志士」が登場した。

彼等の多くは家庭を捨て、藩を捨て、我が身の幸せや命まで捨てて、誰に頼まれた訳でもないのに国事に奔走した。

「このままでは日本はつぶれる」「列強の植民地になる」「弱腰の幕府は倒すべし」「外国を打ち払え」など、志士達は互いに国のゆく末を深く憂い、天下国家を論じて飽きることがなかった。
しかし、多くの「志士」は、いわゆる「攘夷熱」に浮かされて「攘夷、攘夷」とやたらに騒ぐばかりで、本当に「実」を結ぶような働きをしている者は少なかった。

そんな中、「実」になるようなものを身につけるべく、一人黙々と「我が道」をゆく男がいた。

坂本龍馬である。彼は土佐の仲間と、結果的にたもとを分かつことを選択し、
勝海舟のもとで操船を学び、後年、新たな仲間とともに海援隊を結成した。

一見、遠回りで地道な道を歩んできた龍馬達が、後年、「天下が彼等を必要とするような人材」になっていったという不思議さに興味が尽きない。


振り返ってみると、今、「次元転換」「アセンション」「身魂の掃除」などなど、毎日のように多くの人々の意見が交わされ、情報交換がされている。

参加者はそれぞれの立場や宗旨や体験などから意見や感想をのべつつ情報を交換している。

これはこれで重要だと思うし、幕末の当時には無かった素晴らしい事だ。本当に便利だと思う。その動きを否定はしない。

ただ、ふと思うのは、今、自分が「攘夷、攘夷」と口だけで騒ぎ回っているばかりの志士のようになってはいないかという点だ。

私見では、「百一匹目の猿現象」の理論で、一部の人達の意識や波動が、ある一定レベルの数(割合?)に達すると、そこから先は一気に全体に伝播していくものと思っている。

まず雛型である日本から、そして日本から世界へと、さらには地球から宇宙へと、影響が及んでいくのではないかと考えている。

そう考えてみると、本当に「自分の為、世の為、人の為、世界人類の為、宇宙の為、神の為」に、今の自分にできる事は、「身魂の掃除を終えること」に尽きる。

というか、それしか出来ない。とても他人の掃除を手伝う余裕はない。

そう考えると、「掃除も終わらん奴が、エラそうに何をゴチャゴチャ言うとるんや」という事になるかも知れない。
これは自分自身に対する気持でもある。

そうしてみると、やはり一日も早く、「神の喜ぶような自分」「神の手がかからなくなる自分(自立した自分)」
「神の手伝いができるような自分」になる事が、今の時代に生まれて来た私達の最大の親孝行であり、使命であると思う。
(そんな事は、わざわざ言わんでも、みんな分かっとるねん)

今、自問するのは、自分自身が、幕末の頃「攘夷熱」に浮かされて「ただ騒ぎ回っているだけの志士」なのか、周囲に影響されずに「黙々と我が道をゆく志士」のいずれのタイプに属しているかという事だ。

しかし、我が身の経歴を考えると、やはり、どちらかというと「攘夷熱に浮かされた」タイプであるように思う。

いまで言えば「アセンション熱」ということになるだろうか。

恐らく・・・日本、いや世界中には、掲示板にも参加せず、組織や団体にも所属せず、ブログも書かず読まず、本も多読せず、ネットにすら接続せずとも、日々、黙々と身魂の掃除に専念している方も大勢いると思う。

実は、そうした人達の方が、実質的に重要かつ大きな働きをしているように思う。
そして、そういう人達は、普段、我々の目には触れないが、確かに存在する。
(ネットでの宣伝活動、啓蒙活動も大事だと思うけれど・・・)

「自分は今、本当に「実」のある日々を送っているだろうか」
「日々、掃除は着実に進んでいるだろうか」
(などという事も、いちいち考えないほどに黙々とやっているだろうか)
 
・・・などと、ふと、自問してみた。(冷や汗)  


air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
人気ブログランキングへ ←クリックして戻って下さい

スポンサーサイト
ブログの紹介
真の日本とは何か。それは武士道でも仏教でも儒教でもなく、そして神道でもない。 それらを遥かに超える大昔、太古の神話の時代の日本。 「日の元」「火の元」「日の元つ国」「神気出ずる国」 「世界の雛型」「世界の親」・・・それが本来の日本。一人でも多くの日本人が真コトの「神響き(カムヒビキ)」を鳴り成らせることで、最後には日本人の意識が「100匹目の猿現象」でガラリと変わり、「真の日本」が現れる。 日本が変われば世界が変わる。 日本が変わらなければ世界も変わらない。 ユダヤの民は「立て替え」の御役。スメラの民は「立て直し」の御役。ユダヤの民は、これまでキッチリと御役を果たしてきた。これからが本当の日本の出番となる。
最近の記事
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
つぶやき
ランキング
このブログに一票を入れようと思ったら、ココをクリックして下さい
ブログランキング
このブログに一票を入れようと思ったらクリックしてください

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
プロフィール

JINGA

Author:JINGA
カバラ誕生数1、姓名数3(または4)
九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。