スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを書くということ

ブログを書くということは、自分との対話でもある。

自らの心の内面から湧き出てくる、ある種の「想い」を文字にするのは、簡単なようで、なかなか難しい。

人と人とのコミュニケーションにおいては、言葉よりも顔の表情や身振り手振りなどの「非言語」が占めるウェイトの方が高い。

言葉によるコミュニケーションを「バーバルコミュニケーション(言語的コミュニケーション)」といい、言葉によらないコミュニケーションを「ノンバーバルコミュニケーション(非言語的コミュニケーション)」というらしい。
同じ言葉であっても、それを語る人の「表情」や「身振り」、「声の調子」や「響き」、「イントネーション」、さらには、「誰が語るか」によっても、受け取る方の「受け止め方」は違ってくる。

実のところ、「非言語」の部分がないと「微妙なニュアンス」が伝わらない場合が多い。
文字情報ばかりのブログでは、やはり情報の伝わり方に限界がある。それは重々、承知している。
しかし、誰かに何かを伝えたい、表現したいという思いが、時に強く自分を突き動かす。

ブログの記事を書く場合、熱に浮かされたように書き始め、一気に書き上げることもある。
一気に書き上げるような時は、自分の中に「火」がついている時である。
文章にも自然と熱がこもり、時には表現が激しくなったりもする。
そういう時は、あまり見直さず、書いた勢いで「えいやっ!」と記事をアップする。

普段は慎重に文章を練り、見直し、段落ごと入れ替えたり、行間を開けたり縮めたりして推敲する。
ある単語を強調するため、あるいは他の言葉と区別して際立たせるため、私の場合、よく「 」を使う。
記事をアップした後で、「もっと上手く表現できたのではないか」「もう少し詳しく説明しないと分からないのではないか」などと考えたりする。

そうやって、ブログの記事を一つ書くのに、時には1時間以上かける場合も少なくない。

それは何のためか。

できるだけ正確に、こちらの意図するものを読み手に伝え、読み手の「取り違い」が無いようにするためである。
つまり、「どう読んでも、誰が読んでも、この文章は、こういう意味だ」というところまで突き詰める。
私の文章に「句読点」が多いのも、そのためであるが、突き詰めた「つもり」になっている場合も多々あると思う。

ブログでも何でも、文章で他人に何か伝えたりする場合、
書き手の心が燃えていなければ、読み手に「熱」は伝わらない。
自分が真っ赤に燃えていなければ、他人の心に火をつけることなどできない。


さて、これだけ偉そうなことを書いておきながら、振りかえって自分のブログはどうかというと・・・

「まだまだじゃのう」(笑)



単に情報を得るためなら、書店やインターネットで事足りる。
様々な情報は日々増え続け、とどまるところを知らない。
そして多くの情報は、事件、事故、有名人の個人的なゴタゴタ、政治家の不正など、ネガティブなものが圧倒的に多い。
テレビの視聴率が取れそうな話題には、必要以上に多くの時間を割いて放送する。

人間の「闇」の部分を、ことさらに強調するかのような情報の流し方には、作為すら感じる。

だから、どこかで情報を遮断することも必要である。

そのために・・・

新聞は見出しだけ読んで、悲惨な事件などの詳しい解説は読まない。感情移入をしない。
ワイドショーで何度も取り上げる話題は、適当に流すか、チャンネルを変える。
週刊誌は、心ある人が書いたコラムなら読むが、ゴシップの詳細までは読まない。
他人の悪口、陰口、噂話、批判、人物評の話題には入らない。

・・・私は、こういう風に心がけている。(「つもり」だけかも知れないが)


こんな私のブログでも、毎日、多くの方々が「応援クリック」をしてくれたり、
「拍手コメント」を入れてくれたりする。

それらが、どれだけ私のチカラになっているか、とても言葉では説明できない。

誠にありがたいと思う。何度でも、改めて、深く・・・感謝します。


これから先、色んなことが待ち受けていると思うが、どうか最後まで、自分で自分をあきらめることなく、

闇の中に光る一点の光を目指して進んでいって欲しい。当然、私も、そのつもりでいる。



闇の中の一点の光・・・その先にある「光の国」へ・・・

そして、時が来れば、沢山の方々と、手に手を取り合い、抱き合い、踊りながら、

共に喜びを分かち合いたい。


・・・いや、「喜びを分かち合いたい」ではない。

「喜びを分かち合う」だ。そのように決意し、宣言する(きっぱり!)。

言葉としては、ほんの少しの違いではあるが、結果は大きく違ってくる。

言葉の使い方には気をつけよう。


air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキングへ
←クリックして戻ってください

スポンサーサイト
ブログの紹介
真の日本とは何か。それは武士道でも仏教でも儒教でもなく、そして神道でもない。 それらを遥かに超える大昔、太古の神話の時代の日本。 「日の元」「火の元」「日の元つ国」「神気出ずる国」 「世界の雛型」「世界の親」・・・それが本来の日本。一人でも多くの日本人が真コトの「神響き(カムヒビキ)」を鳴り成らせることで、最後には日本人の意識が「100匹目の猿現象」でガラリと変わり、「真の日本」が現れる。 日本が変われば世界が変わる。 日本が変わらなければ世界も変わらない。 ユダヤの民は「立て替え」の御役。スメラの民は「立て直し」の御役。ユダヤの民は、これまでキッチリと御役を果たしてきた。これからが本当の日本の出番となる。
最近の記事
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
つぶやき
ランキング
このブログに一票を入れようと思ったら、ココをクリックして下さい
ブログランキング
このブログに一票を入れようと思ったらクリックしてください

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
プロフィール

JINGA

Author:JINGA
カバラ誕生数1、姓名数3(または4)
九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。