スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたが弥勒菩薩になるとき

今度 此処へ神が引寄せた者は、みなキリストぢゃ。釈迦ぢゃぞと申してあらう。磨けば今迄の教祖にもなれるミタマばかりぞ。それだけに罪深いぞ。岩戸あけて、めぐり果たせたいのぢゃ。このこと肚によく判るであらうが。 
(ひふみ神示 第二十四巻 黄金の巻 第三十三帖)


<以下、引用>
アセンデッド・マスターと呼ばれる方々は、
違う言い方をすれば、キリストになった人、
仏陀になった人、ということになります。

つまり、「キリスト」や「仏陀」という
称号を獲得した人ということになります。

そもそも、イエス・キリストさんとして知られている人は、
キリスト“サナンダ”意識という太陽神人を
代表してやって来た人ということですから、
キリスト“サナンダ”意識からの派遣者であります、
イエスさん、ということになります。
(中略)
もしくは、「弥勒の世」にアセンションを果たした
ということが云われたとき、それは、私たちが、
“弥勒菩薩さんや観音さんと一体になった人”と、
宇宙で呼ばれるようになることです。

<引用終わり>

<引用元>
キリストはイエスの名前ではない http://mihoh.seesaa.net/article/119846673.html

『日月神示』に書かれてある内容と、『シリウス文明がやってくる(Kagari ∞ Kazuki のブログ)』の内容が一致しています。とても興味深いですね(^^)

今回、縁あって「引き寄せられた人」は、やはり、それだけの責任が伴います。

しかし、それぞれの使命を全うした暁(あかつき)には、
一人ひとりが「ミロクさん」とか「観音さん」という称号を獲得するようになるのではないかと、私は考えています。

0824-17.jpg

「弥勒菩薩?観音さん?いや、自分なんか、とてもとても・・・」という謙虚さは、この際、捨てて下さい。

永きにわたる転生を通じて、磨きに磨き、鍛えに鍛えられてきたのは、まさに「この時」の為。
必要以上の「謙虚」は、自己を不当に過小評価することであり、それは自分の「真ん中」に対して失礼というもの。

何より、私達の「真ん中」が、あるいは背後で支えてくださる数多くの存在が、ご先祖様が、どんな思いで、日々、私達を導いてくださっているか・・・考えてみてください。

この大峠を超える転換期のステージに私達を立たせるに至るまでの、陰のご苦労は、並大抵のことではないはずです。
その多大なご恩に報いるためにも、私達は自分自身を粗末に扱ってはならないし、卑下する必要もないのです。

いま、ここで決意し、堂々と宣言してください。

「私は自らの使命を全うし、弥勒菩薩(または観音)という称号を得る」と!!

声を出してもいいですし、心の中で大音量で宣言しても構いません。

え?「そんな、だいそれたことは恥ずかしくて言えない」って?
それはつまり、「自分は使命を全うすることはできない」という「敗北宣言」ですか?
それはつまり、「自分の使命を放棄する」ということですか?

よくよく考えて下さい。

「願い」ではなく、「決意」こそが、自分を高みに引き上げる原動力になります。
「願い」ではダメです。いくら強く願っても、それはいつまで経っても「願い」のままです。

「決意」です。「決意」こそが大事なのです。
「決意」することで、自分の中で何かが動き始めます。周囲(背後)のサポートも動き始めます。

イメージしてください。

あなたは今、サッカーの日本代表としてワールドカップのピッチに立っており、既に試合開始のホイッスルは鳴っています。あなたは途中出場でゲームに参加したのです。

あなたの周囲のプレイヤー達は、誰しも日本代表という重責を担いながらも、しかしそれを誇りに感じて自らのチカラとし、使命を全うすべく、ピッチの中を縦横無尽に走り回っています。

大観衆が見守る中、あなた個人のサポーターも数多く応援に駆けつけ、あなたの活躍に期待しています。
彼等彼女等は、「日の丸のユニフォーム」を着てピッチに立っているあなたの晴れ姿を、どれほど喜び、誇りに思っているでしょう。
そして人によっては涙を流し、手を合わせて拝むほどの真剣さで見守っています。


「頼むぞ・・・!!」と。


ボンヤリしているのは、あなた(私)だけです。
自分の使命を、役割を、理解していないのは、あなた(私)だけです。

あなたは、あなたの家系の代表として、地域の代表として、地球の雛型を担うヒノモトの民として、いまの時節、この地球に生まれてきています。

いや、自らの意思と決意により、身魂改めを経て「生まれさせてもらった」という方が正確かも知れません。

そんなあなたが、いまさら「いや、自分なんか・・・」などと言うのが、どういうことか。

もうゲームは始まっています。

後半戦も終わりに近づき、もうそろそろロスタイムに入ろうかという頃合でしょうか。

もはや降りる訳には行きません。やるしかないのです。

決して自分一人で重責を担っている訳ではありません。

力の差はあれど、それぞれが背負える程度の重荷を背負っています。

そのことを決して忘れないでください。



ジンガの最近の「つぶやき」は、こちら(最近、ツイッターの方がメインになってます)

air_rank.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
人気ブログランキグへ
←クリックして戻ってください
スポンサーサイト
ブログの紹介
真の日本とは何か。それは武士道でも仏教でも儒教でもなく、そして神道でもない。 それらを遥かに超える大昔、太古の神話の時代の日本。 「日の元」「火の元」「日の元つ国」「神気出ずる国」 「世界の雛型」「世界の親」・・・それが本来の日本。一人でも多くの日本人が真コトの「神響き(カムヒビキ)」を鳴り成らせることで、最後には日本人の意識が「100匹目の猿現象」でガラリと変わり、「真の日本」が現れる。 日本が変われば世界が変わる。 日本が変わらなければ世界も変わらない。 ユダヤの民は「立て替え」の御役。スメラの民は「立て直し」の御役。ユダヤの民は、これまでキッチリと御役を果たしてきた。これからが本当の日本の出番となる。
最近の記事
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
つぶやき
ランキング
このブログに一票を入れようと思ったら、ココをクリックして下さい
ブログランキング
このブログに一票を入れようと思ったらクリックしてください

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
プロフィール

JINGA

Author:JINGA
カバラ誕生数1、姓名数3(または4)
九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。