スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ・シークレット」の罠

最近、「ザ・シークレット」というのが広まっている。
書店でも平積みになり、既にベストセラーの仲間入りをしているようだ。

基本路線は、以前、流行った「ニュー・ソート(ナポレオン・ヒルの『成功哲学』などに代表される、信念や自己暗示と物質的成功に関する法則の説明みたいなもの)」に、よく似ている・・・というより、そのものズバリの“焼き直し”だろう。

「強い、繰り返された思考は、やがて現実化する」という、シンプルな法則である。

「ザ・シークレット」の紹介ビデオを観ると、あたかも、人類最大の驚くべき「秘密(シークレット)」に、視聴者が“幸運にも”出会ったように錯覚してしまう。

さらに、よくできた新作映画の予告編を観るようなマジックに騙されてしまいそうになる。
何か、凄く期待感を抱かせるような展開で説明が進んでいく。


しかし、もう一度いうが、なんのことはない、単なる“焼き直し”であり、“リメイク”であることは紛れも無い。

何故、こんなに確信を持って断言できるかというと、かくいう私自身が、大学生時代、この「成功哲学」などの「ニュー・ソート」に、ドップリ嵌まりこんでいたからである。


この映像を観て、最も注意すべきは、「身欲」への刺激である。

富、成功、幸福、健康・・・その他、あらゆる願望に対する欲望に火をつけるような内容になっている。

欲望は、“今よりも、もっと、もっと・・・”と際限が無く膨らんでいく。


「今の時節、身欲を燃え上がらせて、どーする!?」


「社会的な成功や富や健康や幸福を追い求めて何が悪い?」という意見もあろうけれど、私達が、いま、何よりも重要視すべきは、「身魂磨き」であり、「身魂の大掃除」であって、今さら余計な身欲に火をつけて、そちらの方に熱中している場合ではないのだ。

「世界の親たる日の本の民が、身欲を燃え上がらせ、自我を犬のように突っ走らせておりては、孤軍奮闘しておられる、その方らの“真ん中”に申し訳ないであろうがな。飼い主が飼い犬の手綱をシッカリ締め、どちらがマコトの主かをハッキリ示してくてだされよ」


・・・という訳で、この「ザ・シークレット」は、現世的な繁栄を追い求めるための欲望に火をつけるだけであり、身魂磨きには一切関係なく、むしろ害悪ですらあるということを、ご認識いただきたい。

この情報を流した大本は・・・と考えると、とても「正神真神」とは思われず、やはり「魔釣りの中つ神」ではなかろうかと思う次第。

よくよく、ご用心召され。




ところで、この「ザ・シークレット」が、何を目的にして、どこから情報発信されたものなのか・・・

その目指すものとは・・・

なぜ、今、この時期に日本で出版されるのか・・・
アレを見て、多くの人は、どんな願望が心の中に芽生えるのか・・・
その辺を、よぉーく考えると、おのずと「情報発信源の正体」が見えてくるはず。


シークレットの知恵を授けたのは誰?
シークレットのノウハウを使って世界の富を独占していたのは誰?
人類の歴史を裏から操っていたのは誰?
歴史上の人物を陰でコントロールしていたのは誰?


富める者はますます奪い、貧しい者はますます奪われる。
贅沢と貧困が同時に存在する不思議。格差は広まるばかり。


今の世界を作り上げた(人類を主導して来た)のは誰?
そして、これまで封印されていたのは、誰?


今の時節、「引き寄せの法則」を使って、一体、何を引き寄せようというのか。

「引き寄せ」れば、その分だけ、重たくなるということを知っているのだろうか。

必要なものは、必要な時に、必要なだけ渡されている。

「余計なモノを手放して身軽になる」のが、これから向かうべき方向性である。


「引き寄せる」か、それとも「手放す」か・・・どちらを選ぶかは、自分。

よぉーく考えていただきたい。




「お前・・・『ザ・シークレット』の読者全員に喧嘩売る気か?(汗)」
「そーだよん(笑)」




あなたの応援が、私の力になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ   air_rank.gif


スポンサーサイト
ブログの紹介
真の日本とは何か。それは武士道でも仏教でも儒教でもなく、そして神道でもない。 それらを遥かに超える大昔、太古の神話の時代の日本。 「日の元」「火の元」「日の元つ国」「神気出ずる国」 「世界の雛型」「世界の親」・・・それが本来の日本。一人でも多くの日本人が真コトの「神響き(カムヒビキ)」を鳴り成らせることで、最後には日本人の意識が「100匹目の猿現象」でガラリと変わり、「真の日本」が現れる。 日本が変われば世界が変わる。 日本が変わらなければ世界も変わらない。 ユダヤの民は「立て替え」の御役。スメラの民は「立て直し」の御役。ユダヤの民は、これまでキッチリと御役を果たしてきた。これからが本当の日本の出番となる。
最近の記事
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
つぶやき
ランキング
このブログに一票を入れようと思ったら、ココをクリックして下さい
ブログランキング
このブログに一票を入れようと思ったらクリックしてください

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
プロフィール

JINGA

Author:JINGA
カバラ誕生数1、姓名数3(または4)
九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。