スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も不都合な真実

「不都合な真実」という映画が、元アメリカ副大統領のゴア氏により紹介され、地球環境の驚くべき荒廃ぶりと危機的状況が、実にセンセーショナルに世に知れ渡った。

人々は改めて自分達の「足元の汚れ」を見ることになり、地球環境保全のために最善を尽くそうと、何らかの努力をはじめる動きが出てきた。

しかし、これには裏がある。

「不都合な真実」という映画は、「もっと不都合な真実」を人々の目から覆い隠すためのものなのだ。
言い換えれば、「不都合な真実」に目を向けさせることで、「もっと不都合な真実」から目を背けるようにしているのだ。

ここで、地球温暖化についての仮説を紹介する。

二酸化炭素に代表される「温室効果ガス」の排出量削減が、地球の温暖化の防止に役立つということだが、果たして、それは本当なのだろうか。

それが本当ならば、今すぐに化石燃料の使用を取りやめ、自動車の製造販売を中止し、今よりも不便な生活スタイルに戻るしか、未来永劫に人類が生き延びる道は無い。

しかし、地球温暖化の真の原因が、実は「温室効果ガス」ではないとしたら、どうだろう。

一説によると、地球温暖化の真の原因は、「太陽の活動」にあるらしい。
太陽の活動が活発化することにより、それが地球の温暖化を招いているという説である。

ではなぜ、太陽の活動が活発化しているのか。
それは、太陽系に接近している天体の動きに関係するという。

その惑星の名は「ニビル」。

あと数年で観測圏内にその姿を現し、太陽系に大きな影響を与えるという。

その時、地球は・・・

未曾有の大激変、天変地異に見舞われる。

だが、ニビルが太陽系に接近するのは、今回が“初めて”ではない。
はるかな古代に、一度、姿を現しているのだ。

その記憶は、マヤ、アステカ、インカ、古代エジプトなどの文明に共通している。
彼らは、驚くべき天文学的知識と洞察力を持っていた。
そして、遠い未来に、再びニビルが姿を現すことを、後世の人々に伝えようとした。
しかも、その年代まで予言していたのだ。

西暦2012年12月21日。

「マヤ暦」によれば、これが“その時”なのだという。

ここで、本題に戻る。

「不都合な真実」を世に出して隠そうとしている「もっと不都合な真実」とは、このことなのだ。

惑星ニビルの接近による地球環境の大激変は、何も「マヤ暦」の分析による考古学的なアプローチから予見されたものではなく、もっと科学的な、天文学的なアプローチによっても導かれる結論なのだ。

これを「エレクトリック・ユニバース論」という。

ごく簡単に言えば、宇宙空間の99%はフォトン(光子)と呼ばれる物資で満たされており、それらがすべて“電気的に”つながっているというものだ。

宇宙空間と惑星との関係は、海の中で特殊な超音波でコミュニケーションを取り合うクジラのようなものである。

つまり、「宇宙のすべては、電気的につながっている」ということであり、人間の細胞一つに、肉体の全ての情報が詰まっている如く、宇宙の存在する最も小さな粒子に、宇宙のすべての情報が詰まっているというのだ。

まさに、「すべては一つ」であり、「すべてで一つ」なのだ。

ここでは、「エレクトリック・ユニバース論」の説明は省くので関心のある方はネットで検索して欲しい。

「不都合な真実」に、巧妙にカモフラージュされた、「もっと不都合な真実」・・・

この巧妙なカモフラージュは、沈み行くタイタニック号の中で、救命ボートの乗組員を減らすために、「おい、デッキが汚れているぞ。ペンキもはがれているし、壁紙も汚いじゃないか。もっと燃料を大事にして食べ物も節約しないと、この船は長くは持たないぞ」といっておいて、自分達は救命ボートの確保に血眼になっている“ひと握りの者達”の企みに通じるものがある。

しかし、彼等は、まだ知らない。

「もっと不都合な真実」の裏に、「最も不都合な真実」があるということを!

九分九厘、自分達の計画が実現するものと思い込んでいる。

では、「最も不都合な真実」とは何か。

日本神界に降ろされた一連の“神示”にあるような、「次元転換」による「ミロクの世」の到来である。

それは、すべての存在が「半霊半物質」となる「光一つあがる仕組み」であり、霊界・現界・神界の三千世界の「立て替え建て直し」の仕組みである。

この全宇宙的な仕組みの発動は、物資世界の中で、どうあがこうとも、誰一人、神々でさえも逃れることが出来ない。

ここで最大のキーポイントは、日本。
日本が変われば世界が変わる。日本から世界が変わる。日本が全ての鍵を握っている。

日本が世界の縮図であり、日本は世界の雛型であるとする、いわゆる「雛型経綸」は、恐らく世界的に受け入れられるようなものではないだろう。

しかし、それは厳然として存在するものであり、何人(なんぴと)たりとも、たとえ神々であろうとも動かすことのできない仕組みなのである。


「最も不都合な真実」・・・それが明らかになるのは、もうすぐ。


「遅し。神、すでに動きたぞ」(「火水伝文」冒頭部分より)



あなたの応援が、私の力になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ   air_rank.gif


スポンサーサイト
ブログの紹介
真の日本とは何か。それは武士道でも仏教でも儒教でもなく、そして神道でもない。 それらを遥かに超える大昔、太古の神話の時代の日本。 「日の元」「火の元」「日の元つ国」「神気出ずる国」 「世界の雛型」「世界の親」・・・それが本来の日本。一人でも多くの日本人が真コトの「神響き(カムヒビキ)」を鳴り成らせることで、最後には日本人の意識が「100匹目の猿現象」でガラリと変わり、「真の日本」が現れる。 日本が変われば世界が変わる。 日本が変わらなければ世界も変わらない。 ユダヤの民は「立て替え」の御役。スメラの民は「立て直し」の御役。ユダヤの民は、これまでキッチリと御役を果たしてきた。これからが本当の日本の出番となる。
最近の記事
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
つぶやき
ランキング
このブログに一票を入れようと思ったら、ココをクリックして下さい
ブログランキング
このブログに一票を入れようと思ったらクリックしてください

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
プロフィール

JINGA

Author:JINGA
カバラ誕生数1、姓名数3(または4)
九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。